受験する試験科目のオススメの順番


税理士試験はどの科目からでも受験できますが、やっぱり一定のルールがあります。

一般的な税理士試験の受験科目の順番

税理士試験はどの科目からでも受験できますが、一般的には多くの受験生が次の順番で受験しています。

  1. 会計科目(簿記論、財務諸表論)
  2. 税法科目(法人税法、所得税法、消費税法など)

税理士試験受験生の多くが簿記論や財務諸表論の会計科目から受験しています。これは受験生の多くが日商簿記検定の受験経験者で、日商簿記検定の延長線上で税理士試験を勉強できるからで、それに税理士試験において会計科目は税法科目に比べて合格しやすいというのもあります。

おすすめの受験順

税理士試験のオススメの受験順は次の通りです。

税理士試験スタート

1年目:簿記論、又は、財務諸表論

2年目:簿記論、又は、財務諸表論のうち不合格になった科目+ミニ税法

(2科目合格するまでこの連続)

2科目合格後

過去に不合格になった1科目+法人税法、又は、所得税法

(1科目合格するまでこの連続)

3科目合格後

過去に不合格になった1科目+ミニ税法

以後、この連続


スポンサーリンク


関連記事

税理士試験アンケート

何年間なら受験勉強に耐えられそうですか?

View Results

Loading ... Loading ...

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 税理士試験は一定の要件を満たす大学院で修士論文を作成し、国税庁の論文審査に合格することによって一部科…
  2. 税理士試験は毎年12月中旬に合格発表がありますが、不合格になった場合は受験科目ごとにABCDの判定が…

おすすめ

  1. 税理士試験の受験勉強で耳栓を活用している人は少なくないと思いますが、多くの人はウレタン製の耳栓だと思…
  2. 資格スクエアでは税理士試験受験生に人気がある会計人コースと連携した講義動画を無料配信しています。 (…
ページ上部へ戻る