税理士試験免除のメリット 税理士になる目処が付く


大学院進学による税理士試験免除の最大のメリットは「税理士になる目処が付く」ということではないでしょうか。

スポンサーリンク

合格が不安な中で過ごすのか、合格できる目処が付いているのか、この差は大きい!

税理士試験であれば、どれだけ勉強しても試験に合格できるかどうかわかりません。模擬試験で合格確実圏内の人でも不合格になる人もいます。私は常に上位5%以内に入っていた科目でも不合格になった事があります。結局その科目に合格するのに3年もかかりました。このように税理士試験は合格が不確実です。

これに対して、大学院による税理士試験免除の場合は合格率が90%くらいと高く、真面目に大学院で勉強すれば認定合格を得ることができます。合格できるかどうかわからず過ごすか、ある程度合格できる目処が付いているか、この差は大きいです。仕事に対するモチベーションも違います。税理士になれば独立開業も夢ではないですからね。今まで何となく処理していた仕事も「将来の独立開業のため」と考えると楽しくなります。このように思えるのは税理士になれる目処が付くからです。


スポンサーリンク


関連記事

税理士試験アンケート

最初に受験した科目はどれですか?

View Results

Loading ... Loading ...

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 大学院によって税理士試験免除で有利・不利ということがあります。 (さらに…)…
  2. 2019年度(平成31年度)第69回税理士試験の実施スケジュールです。 (さらに&hell…

おすすめ

  1. 勉強に集中できない人の中には睡眠不足が原因の人は少なくないのではないでしょうか?私が受験生のときは確…
  2. 電子メモが段々と普及してきました。最近では職場などでも使われているところもあると思いますが、税理士試…
ページ上部へ戻る