大学院による税理士試験免除とは


税理士試験は一定の要件を満たす大学院で修士論文を作成し、国税庁の論文審査に合格することによって一部科目の免除を受ける事ができます。

スポンサーリンク

全ての大学院で税理士試験の免除を受けられるわけじゃない!

大学院であればどこでも良いのではなく次の要件を満たす必要があります。

会計科目の免除

簿記論や財務諸表論などの会計学に属する科目等の研究により学位を授与されていること。

→会計科目1科目免除

税法科目の免除

所得税法や法人税法などの税法に属する科目等の研究により学位を授与されていること。

具体的には財務省令に定める次の科目をいいます。

  1. 税法の試験科目以外の租税(関税、とん税及び特別とん税を除く。)に関する法律
  2. 外国との租税(関税、とん税及び特別とん税を除く。)に関する協定を扱う科目
  3. 「税法の試験科目及びab」に類する科目

cには複数の税法を横断的に扱う科目(例:租税法)等が該当します。

→税法科目2科目免除


スポンサーリンク


関連記事

税理士試験アンケート

税理士試験が終わってから合格発表までどうしていますか?

View Results

Loading ... Loading ...

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 一般的に試験というと「○○点以上で合格」という明確な基準がありますが、税理士試験にはこのような明確な…
  2. 2018年度(平成30年度)第68回税理士試験の試験委員が発表されました。 (さらに……

おすすめ

  1. 電子メモが段々と普及してきました。最近では職場などでも使われているところもあると思いますが、税理士試…
  2. 税理士試験は8月上旬の暑い時期に実施され、受験生は毎年暑い時期に本試験の追い込みで必死にならなければ…
ページ上部へ戻る