新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止を踏まえた注意事項


新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため2020年度(令和2年度)第70回税理士試験の注意事項が公表され、次の人は税理士試験を受験できないことになりました。

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止を踏まえた注意事項

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止を踏まえた注意事項

税理士試験を受験できない人

  • 新型コロナウイルスに罹患し、治癒していない方
  • 息苦しさ、強いだるさ、37.5度以上の発熱や咳等の風邪の症状のいずれかがある方
  • 新型コロナウイルス感染症感染者(疑いのある場合を含む)と接触があり、医師等の指示で試験日時点で自宅待機となっている方
  • 過去14日以内に政府から入国制限・入国後の観察期間が必要と発表されている国・地域等への渡航歴がある方
  • マスクを着用していない方

税理士試験会場においてサーモグラフィー等による計測があります。

サーモグラフィー計測で37.5度以上の発熱があると確認されると税理士試験を受験できません。

マスク着用、アルコール消毒、手洗いの実施

試験室に入室前にはアルコール消毒を徹底し、マスク着用で試験を受験しなければいけません。

税理士試験会場ではマスク配付をしていないので、必ず各自でマスクをご用意ください。

その他の注意事項は国税庁HPでご確認ください。

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止を踏まえた注意事項


スポンサーリンク


関連記事

税理士試験アンケート

電卓の練習はしましたか?

View Results

Loading ... Loading ...

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. これから税理士試験を受験しようと考えている人に税理士試験を受験する前に知っておくべきポイントをまとめ…
  2. TACでは毎年6月頃に税理士試験の全国公開模試が実施されますが、その特徴をまとめました。 TACの…

おすすめ

  1. 少し前まで多くの受験予備校で税理士試験の無料メルマガがありましたが、今調べたところ主要受験予備校で無…
  2. 税理士試験受験生の多くが受験予備校の講座を受講します。受験予備校によって授業料や教材、サポート体制な…
ページ上部へ戻る