2017年度税理士試験 大原簿記の実力判定公開模擬試験


大原簿記では2017年度税理士試験の実力判定公開模擬試験の受付けが始まっています。税理士試験でTACと並んで最も受験者数が多い大原の実力判定公開模擬試験です。独学受験生はもちろん、大原生以外の人も実力試しに最適な模擬試験です。

スポンサーリンク

2017年度税理士試験 大原の実力判定公開模擬試験 受験料

簿記論、財務諸表論、所得税法、相続税法、消費税法

全4回

  • 教室講座(5月開講) 15,700円
  • 資料通信講座(4/28~発送) 11,700円

法人税法

全6回

  • 教室講座(4月開講) 23,500円
  • 資料通信講座(4/14~発送) 17,600円

通常の授業は受けずに独学で勉強している人でも大原やTACの模擬試験だけは受験するという人がいるほど人気がある模擬試験です。


スポンサーリンク


関連記事

税理士試験アンケート

現在、税理士試験受験何年目ですか?

View Results

Loading ... Loading ...

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 税理士試験の平均合格年数は8年と言われており、受験生の多くが何らかの科目で1度は不合格になっていて、…
  2. 平成30年度(2018年度)税理士試験から下記の変更点があります。 (さらに…)…

おすすめ

  1. 税理士試験は8月上旬の暑い時期に実施され、受験生は毎年暑い時期に本試験の追い込みで必死にならなければ…
  2. 少し前まで多くの受験予備校で税理士試験の無料メルマガがありましたが、今調べたところ主要受験予備校で無…
ページ上部へ戻る