税理士試験は大原とTACのどちらが良い?合格できる?


税理士試験受験予備校として人気が高いのは資格の大原TACです。税理士試験受験予備校はLECやクレアールなど他にもありますが、やっぱり有名なのは大原かTACで、税理士試験受験生の半分はこの2校ではないでしょうか。

スポンサーリンク

税理士試験は大原とTACのどちらを選ぶべきか?

大原とTACのどちらを選ぶべきかは税理士試験受験生の多くが悩む事で、それぞれに良い意見・悪い意見を聞きましたし、私も受験生時代はどちらにするか悩みました。ただ、私の経験からいうと大原でもTACでもそう大差はありません。年度毎に合格率に多少の差があるかもしれませんが、本当に極僅かな差で、しかも合格率なんて結果論ですよね。毎年どちらかの合格率が高いなら別ですが、実際にはそうではなくて、「絶対にTAC(大原)!」と言える明確な差(根拠)はありません。本人の好き嫌いで大原!TAC!と言っている人が殆どです。

大原とTACのどちらが良い?

資格の大原TACのどちらが良いかといえば、「どちらでも良い」というのが私の意見です。大原でもTACでも大差ないですし、正直に言って大原で合格できない人はTACでも合格できないし、その反対も同じです。大原もTACも税理士試験受験予備校として実績が高く、毎年多くの合格者を輩出しており、複数年連続して合格者ゼロということは絶対にありません。つまり、大原かTACで合格基準を満たせば近いうちに合格できるのです。

大原もTACも合格実績、講師・教材の質、さらに授業料も大差ありません。

大原かTACか?私の選択基準

私は結局大原にしました。理由は単純で当時の職場から近かったからです。なぜ近いと良いのかというと、税理士試験は平均受験年数8年と長期間になり、かつ、働きながら受験となると学校に行くのも一苦労です。税理士試験で最も大切なことは、合格するまで勉強し続けるためにはどうしたら良いのか、だと私は考えています。税理士試験を受験するとわかると思いますが、受験生の多くが途中で受験を諦めていて、合格者は長い受験期間を勉強し続けてきた人ばかりです。受験生の中には2年で合格する人もいますが、これは稀で普通は5年以上かかります(私も)。頭が良い悪いよりも、厳しい受験勉強期間を耐え忍んできた人だけが税理士試験合格の権利を勝ち取ることができるのです。

税理士試験に限らず勉強というものは最終的には本人がするかしないかが最も重要であって、勉強するために最も重要だと私が考えているのが勉強する場所です。私は受験しようと考えていた時は税理士事務所で働いていたため十分な勉強時間を確保できず(特に確定申告時期は最悪)そうなると職場と自宅から最短距離の学校でないと勉強を続けられないと思い大原にしました。大原とTACの違いは1駅だけ、駅からの時間も考えると10分くらいの違いでしたが、その判断で間違いありませんでした。たかが10分、されど10分です。複数年連続ですし、ゴールデンウィーク以降は仕事か大原かでプライベートは0でしたからね。

税理士試験は勉強法さえ間違えなければいつかは合格できる試験だと思っています。どの科目も同じですが、誰もが間違えない基礎項目をいかに正答できるかが合否を分けます。つまり、大原じゃないと合格のポイントを教えてくれない、TACじゃないと合格できない、というわけではなく、大原でもTACでも教えてくれる基礎項目をしっかり押さえれば合格できます。

最近ではWEB講座やWEBフォローというものもあるので私の受験生時代よりも遥かに勉強しやすくなっています。私が受験生の時は欠席したらDVDを借りに行かないといけなくて、これが結構面倒で…。確定申告と3月決算の時期は土日じゃないと仕事が終わってから、いざDVDを借りに行こうにも「受付が開いてない!!!」っていうことが結構ありました。しかも土日も出勤だと借りることすらできず…ということも。その点、今は便利になりました。

予備校選びのために大原とTACの評価などをまとめています。

ちなみに大原TAC以外の税理士講座の予備校も調べました。




スポンサーリンク

関連記事

税理士試験アンケート

一科目あたり1日何時間勉強しますか?

View Results

Loading ... Loading ...

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 雇用保険の被保険者のうち一定の要件を満たす人については、一定の要件を満たす講座を受講すると授業料の2…
  2. 税理士試験受験予備校はいくつかありますが、その中で私がオススメする受験予備校(スクール)についてまと…

おすすめ

  1. 勉強に集中できない人の中には睡眠不足が原因の人は少なくないのではないでしょうか?私が受験生のときは確…
  2. 税理士試験の受験勉強で耳栓を活用している人は少なくないと思いますが、多くの人はウレタン製の耳栓だと思…
ページ上部へ戻る