論文審査で不合格の決定を受けるまでの流れ


税理士試験免除のための論文審査で不合格の決定を受けるまでの流れについて。

スポンサーリンク

論文審査で嫌疑事項があれば電話等で連絡がある!

税理士試験免除のための論文審査ですが、合否までには一般的に2カ月~半年程度かかるようです。修士論文に問題がなければ合否通知まで一切連絡がありませんが、嫌疑事項があれば国税庁から本人に電話等で連絡があるそうです。つまり、通知でいきなり不合格という事はありません。

論文審査で不合格の決定を受けるまでの基本的な流れ

  1. 本人に連絡
  2. 疑義・嫌疑事項の報告
  3. 本人から受けた疑義・嫌疑事項の説明の審査
  4. 不合格通知

国税庁から論文についての問合せがあった場合は、受験者本人のみで対応すると説明不足になることがあるので、一般的には指導教授にアドバイスを求めます。自分ひとりで対応するのはリスクがあるので私もアドバイスを求めるべきだと思います。なお、国税庁から連絡があったからといって即不合格というわけではなく、疑義・嫌疑事項が解消されたら合格通知がきます。

税理士試験免除のための論文を提出したら、念のために問合せの連絡があっても対応できるような体制をとっておきましょう。

ポイントは、国税庁から問合せの連絡があったら必ず「指導教授に連絡」です。もし指導教授が退職してしまった場合は、引継ぎの教授がいるはずなので、大学院の事務局に連絡しましょう。




スポンサーリンク

関連記事

税理士試験アンケート

大学院の税理士試験免除を考えていますか?

View Results

Loading ... Loading ...

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 一般的に試験というと「○○点以上で合格」という明確な基準がありますが、税理士試験にはこのような明確な…
  2. 雇用保険の被保険者のうち一定の要件を満たす人については、一定の要件を満たす講座を受講すると授業料の2…

おすすめ

  1. 大原簿記では税理士試験受験生のための情報誌Winを無料で自宅まで郵送してくれます。 (さらに&hel…
  2. 税理士試験ではスマホの持込みが禁止という事もあって、日ごろからストップウォッチを活用している受験生は…
ページ上部へ戻る