税理士試験免除にはお金がかかる


税理士試験免除にはお金が必要です。

スポンサーリンク

大学院進学には200万円くらい必要

お金が必要といっても、誰かに裏金を渡すとかそいういった話ではなく、大学院進学には相当のお金が必要です。費用は大学院によって違いますが、大体160万円から200万円くらいです。詳しくはこちら

税理士試験を受験するのであれば受験予備校の学費が必要ですが、大学院で税理士試験免除を受けようと思うと税理士試験を受験する場合の倍以上の費用が必要です。

会計免除の場合

簿財が1科目20万円くらいなので2年で合格すると考えると

  • 税理士試験なら 20万円×2年×2科目=80万円
  • 大学院進学なら 200万円+会計1科目(20万円×2年)=240万円

このように税理士試験に比べて3倍もの費用が必要になります。

税法免除の場合

税法科目は法人税法所得税法は20万円、ミニ税法は10万円くらいで各科目とも2年で合格すると考えると

  • 税理士試験なら 20万円×2年+15万円×2年×2科目=100万円
  • 大学院進学なら 200万円+税法1科目(15万円×2年)=230万円

税法免除の場合は税理士試験に比べて2倍強の費用が必要になります。

これらの費用が高いか安いかは人によると思いますが、私は「安い!」とは思いません。たしかに税理士になる目処が付くのは事実ですが、それでも1免除あたり200万円です。しかも免除といっても大学院での論文作成は簡単ではないですしね。




スポンサーリンク

関連記事

税理士試験アンケート

税理士試験の出題予想は信用しますか?

View Results

Loading ... Loading ...

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 税理士試験の講座を開講しているオススメ予備校をまとめました。 (さらに…)…
  2. TACでは毎年6月頃に税理士試験の全国公開模試が実施されますが、その特徴をまとめました。 [t…

おすすめ

  1. 税理士試験の受験生にとって電卓選びはとても大切です。それは単に電卓といっても、その種類は豊富で、メー…
  2. 税理士試験受験生の多くが受験予備校の講座を受講します。受験予備校によって授業料や教材、サポート体制な…
ページ上部へ戻る