税理士試験免除のメリット 早く税理士になれる


大学院進学による税理士試験免除のメリット。

スポンサーリンク

早く税理士になれる確率が高い!

絶対ではありませんが、大学院に進学した方が早く税理士になれると言われています。税理士試験の平均合格年数は8年と言われています。平均なので2年で5科目合格する人もいれば、10年以上かかる人もいます。10年とすると1科目あたり2年という計算になります。

これに対して大学院進学による税理士試験免除は税法科目免除の場合は2年で2科目免除です。さらに、大学院在学中にも税理士試験を受験できるので、最短2年で税理士試験合格も可能です。在学中に簿財+税法1科目合格であれば、税理士試験2年5科目合格よりも現実的です。2年5科目合格は本当に稀ですからね。受験専念の人でも100人いて1人いるかいないかのレベルじゃないでしょうか。そのくらい2年5科目合格は難しいことです。

大学卒業後すぐに大学院に進学、在学中に簿財+税法1科目合格すれば24歳で合格です。卒業後に実務経験2年を積めば、26歳で税理士です。20歳代の税理士は全体の数%とも言われ非常に貴重な人材です。少なくとも私は26歳の税理士には会ったことはありません。若い税理士のニーズもありますし、なにより若いうちから税理士業界で経験を積めるというのは大きな財産になりますよ。


スポンサーリンク


関連記事

税理士試験アンケート

現在、税理士試験受験何年目ですか?

View Results

Loading ... Loading ...

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 税理士試験の講座を開講しているオススメ予備校をまとめました。 (さらに…)…
  2. TACでは毎年6月頃に税理士試験の全国公開模試が実施されますが、その特徴をまとめました。 [t…

おすすめ

  1. 税理士試験の受験生にとって電卓選びはとても大切です。それは単に電卓といっても、その種類は豊富で、メー…
  2. 税理士試験は8月上旬にありますが、試験前になると夜暑くて眠れなくなることはありませんか? 睡眠…
ページ上部へ戻る