税理士試験免除のメリット 努力が報われやすい、合格率が高い


税理士試験免除のメリット。努力が報われやすい、合格率が高いのが大学院による税理士試験免除です。

スポンサーリンク

税理士試験に比べて合格の目処が付きやすい!

税理士試験免除の論文審査の合格率は90%以上と言われています。指定外研究論文、盗作論文などでない限り不合格になることはないようです。税理士試験の合格率が各科目10%と比べると高確率ですよね。

ただ、合格率が高いからといって大学院進学の方が簡単というわけではなくて、大学院で真面目に勉強しなければ単位を修得できず、かつ、大学院修士課程を修了するための論文も作れません。それなりに努力は必要です。努力のレベルは内容が違うのでどちらが大変かは個人差がありますが、ただ、真面目にコツコツ努力すれば90%以上が認定合格をできるということを考えると、努力は報われやすいと言えます。

これに対して税理士試験は必ずしも努力が報われる試験ではありません。毎日コツコツ勉強して合格確実圏内の上位10%内に入っていたとしても不合格になることがあります。私の経験ですが、常に上位5%以内であったのにも関わらず2年連続不合格になったことがあります(3年目で合格)。2年目不合格の時は「一体何を勉強すれば合格できるのか…」と結構悩んだ事を覚えています。運が悪かったのかもしれませんが、1年間必死に勉強した結果を「運」という一言で片づけるには結構時間がかかりました。

大学院による税理士試験免除は、論文作成などでそれなりに大変だが税理士試験受験に比べると努力が報われやすい方法だと思います。




スポンサーリンク

関連記事

税理士試験アンケート

現在、税理士試験受験何年目ですか?

View Results

Loading ... Loading ...

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 税理士試験受験予備校の中で授業料が安いところのランキングにしました。比較したのは次の受験予備校です。…
  2. 平成22年度から平成28年度までの税理士試験の科目別合格率をまとめています。表の一番上の合格率をクリ…

おすすめ

  1. 税理士試験の受験勉強で耳栓を活用している人は少なくないと思いますが、多くの人はウレタン製の耳栓だと思…
  2. 税理士試験の受験生にとって電卓選びはとても大切です。それは単に電卓といっても、その種類は豊富で、メー…
ページ上部へ戻る