税理士試験免除の論文審査で不合格になる人


税理士試験免除の論文審査で不合格になる人について。

スポンサーリンク

論文審査で不合格になった人の例

税理士試験は一定の要件を満たす大学院で修士論文を作成して国税庁の論文審査に合格することによって一部科目の免除を受ける事ができます。しかし、毎年この論文審査で不合格になる人がいます。

論文審査で不合格になった人の理由は公表されていませんが、大体は次のような理由です。

  1. 税理士試験免除の要件を満たさない内容
  2. 論文内容の盗作やコピペ

1.は教授の指導に従っていれば大丈夫だと思いますが、指導教授のアドバイスを無視した独自理論を展開する人が稀にいて、このような人が引っかかるようです。

2.は問題外です。ちなみに2.の場合は大学院の卒業も取り消しされると聞いたことがあります。そのようなリスクを取る人がいることに驚きですが稀にいるそうです。


スポンサーリンク


関連記事

税理士試験アンケート

税理士試験の出題予想は信用しますか?

View Results

Loading ... Loading ...

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 税理士試験は難易度が高い資格と言われていますが、実際にどのくらい難しいのか、難易度が高いのかについて…
  2. 税理士試験の出題のポイントが掲載中! 国税庁HPに2017年度(平成29年度)第67回税理士試験の…

おすすめ

  1. 税理士試験は8月上旬の暑い時期に実施され、受験生は毎年暑い時期に本試験の追い込みで必死にならなければ…
  2. 税理士試験受験生の多くが受験予備校の講座を受講します。受験予備校によって授業料や教材、サポート体制な…
ページ上部へ戻る