2017年度税理士試験 大原簿記の実力判定公開模擬試験


大原簿記では2017年度税理士試験の実力判定公開模擬試験の受付けが始まっています。税理士試験でTACと並んで最も受験者数が多い大原の実力判定公開模擬試験です。独学受験生はもちろん、大原生以外の人も実力試しに最適な模擬試験です。

スポンサーリンク

2017年度税理士試験 大原の実力判定公開模擬試験 受験料

簿記論、財務諸表論、所得税法、相続税法、消費税法

全4回

  • 教室講座(5月開講) 15,700円
  • 資料通信講座(4/28~発送) 11,700円

法人税法

全6回

  • 教室講座(4月開講) 23,500円
  • 資料通信講座(4/14~発送) 17,600円

通常の授業は受けずに独学で勉強している人でも大原やTACの模擬試験だけは受験するという人がいるほど人気がある模擬試験です。


スポンサーリンク


関連記事

税理士試験アンケート

税理士試験を受験しようと思った一番大きな理由はどれですか?

View Results

Loading ... Loading ...

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 税理士試験の出題のポイントが掲載中! 国税庁HPに2017年度(平成29年度)第67回税理士試験の…
  2. 大学院を卒業したからといって、それが税理士試験免除というわけではありません。 (さらに&hellip…

おすすめ

  1. 税理士試験の受験生にとって電卓選びはとても大切です。それは単に電卓といっても、その種類は豊富で、メー…
  2. 税理士試験ではスマホの持込みが禁止という事もあって、日ごろからストップウォッチを活用している受験生は…
ページ上部へ戻る