2017年度税理士試験 大原簿記の実力判定公開模擬試験


大原簿記では2017年度税理士試験の実力判定公開模擬試験の受付けが始まっています。税理士試験でTACと並んで最も受験者数が多い大原の実力判定公開模擬試験です。独学受験生はもちろん、大原生以外の人も実力試しに最適な模擬試験です。

スポンサーリンク

2017年度税理士試験 大原の実力判定公開模擬試験 受験料

簿記論、財務諸表論、所得税法、相続税法、消費税法

全4回

  • 教室講座(5月開講) 15,700円
  • 資料通信講座(4/28~発送) 11,700円

法人税法

全6回

  • 教室講座(4月開講) 23,500円
  • 資料通信講座(4/14~発送) 17,600円

通常の授業は受けずに独学で勉強している人でも大原やTACの模擬試験だけは受験するという人がいるほど人気がある模擬試験です。


スポンサーリンク


関連記事

税理士試験アンケート

何年間なら受験勉強に耐えられそうですか?

View Results

Loading ... Loading ...

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 2018年度(平成30年度)第68回税理士試験の実施スケジュールです。 (さらに…)…
  2. 平成28年度~平成22年度の税理士試験の地域別合格率を集計しています。 (さらに…)…

おすすめ

  1. 勉強に集中できない人の中には睡眠不足が原因の人は少なくないのではないでしょうか?私が受験生のときは確…
  2. 税理士試験受験生の多くが受験予備校の講座を受講します。受験予備校によって授業料や教材、サポート体制な…
ページ上部へ戻る